中学受験を見据えた「英才クラス」

 小学1・2・3年のカリキュラムに対して英進館 鯉城学院は、今回あえて「英才クラス」と名付けました。「英才」という言葉に「上の学年の内容をどんどん先取りしていくような印象を持たれる方も多いでしょう。しかし、英進館 鯉城学院が考える英才クラスは、単なる先取り学習クラスではなく、「知育と学習をバランス良く学ぶクラス」と考えているのです。

 「先折れせずに、あと伸びする」そんなアタマを育てるために必要な知恵や教養を身につけていくのが『知育』。知識一辺倒になりがちな算数と国語の科目学習でも「知育」のページを用意し、さらに他に類のない3時限目の「第3科目の時間」で学びます。

 また、将来の中学受験を目指して確かな土台作りのため、その学年に必要な知識を身につけるのが『学習』。小1・小2では、早稲田アカデミーとの提携による「スーパーキッズ」で、小3では四谷大塚の「ジュニア予習シリーズ」とオリジナルの「毎日の学習を使って、授業と家庭学習で算数と国語の確かな学力を確立します。この「スーパーキッズ」と「ジュニア」こそ、鯉城の最上位クラスSSSにつながる低学年のSSSとでも言うべきものです。
 その学年、「つ」のつく年齢には、その時々の成長にふさわしい質の高い"学びの機会"が必要です。英進館 鯉城学院では、低学年のうちにこそ与えたい教育を提供するために、今年度より全く新しい取り組みを始めます。どうぞご期待ください。

1日の時間割例

【小1・小2】スーパーキッズ

スーパーキッズでは、お子様に「勉強することは楽しい!」と感じていただけるように、ゲーム的な要素を取り入れたり、教具を使って実際に並べたり組み立てたり、お友達や講師からたくさんの刺激を受けながら、自ら考え、積極的に取り組めるカリキュラムを組み立てています。中学受験に必要な力を養っていくための深い思考力や、試行錯誤して自分で探す力、自分の考えを書く力などを引き出す題材が、スーパーキッズの教材の礎となっています。
授業は、こうした考えのもとに開発されたテキストを使用し、毎回の授業の際にお配りします。前半は「知育」、後半に「学習」のページ、最終ページが「家庭学習用(自由課題)になっています。事前の予習は必要なく、授業時間めいっぱい考え、取り組んでもらえるように、その日の分を授業当日にお渡しします。

スーパーキッズ教材


※入塾テストはありません。ただし、授業体験を経て、学習カウンセリングを受けていただき、当コースの学習方針に賛同していただくことが受講の必要条件となります。

PAGE UP